インナーチャイルド

良い子ちゃんな自分

あなたは、良い子ちゃんをしていませんか?

誰にでも良く見られたい。
誰からも愛されたい。
どこでも笑顔でいたい。

良い妻と評価されたい。
良い先生と思われたい。
良い母と見られたい。
良い子どもと思われたい。

良い子ちゃん。

これ、たちが悪くて、なかなか手強い…

強敵です…強敵。

良い子ちゃんしちゃってるから、自分でもなかなか抜け出せないし、気づけないんですね〜

でも、抜け出さないとニッチもサッチも行かない日が突然訪れるんですね。

なぜなら、

良い子ちゃんしていると、自分の本当の気持ちがわからなくなり、

自分軸が無くなり、

それを選んでいるのは自分なのに、

人のせいにし始めるんです。

私はチャイルドセラピスト講座を最初に見つけて学び始めた時、

すがる思いで見つけたので、
確か、
問い合わせもせずに、お金を振り込みました。

あれ?違ったっけ?(笑)
7年も前なので記憶薄いですが…(笑)

もともと心理学はかじっていましたが、
人間の原点が大事だと、
自分なりには答えが出ていたので、

子育てはしていませんでしたが、

「これだ!これを学べば絶対なにかがわかる!」

と、確信してお金を払いました。
迷いなんてありませんでした。
(もともと決めたら行動早いタイプですし)

私の場合、良い子ちゃんしてたので、
自分が………というより、身近な周りでたくさんのことが起こりました。

この私と同じタイプの方、
危険ですよ(笑)

自分が………ではなく、
周りが………というのがポイント。

それ、周りで気づかせてくれてるんです。
それ、自分です。

意味わからないかな〜…
周りに起こっているその要素、
自分の中に同じ要素はありませんか?

そこに気付けて溶かすと、
溶けて無くなり、
周りでも起こらなくなります。

で、
私の周りで何が起きたかというと、

「お前のせいだー!」という出来事が立て続けに起こりました。(実際にお前のせいだーとも言われたり、土下座しろとまで言われたり。)

仕事現場のコミュニティーが一気に崩れたり、

親友が私に依存しすぎてリストカットしだしたり、

10年共にした恋人が突然重度の引きこもりになったり、

強制わいせつに合ったのに、お前のせいだーと言われたり、

ナルコレプシーが悪化したり、

新しく彼氏ができたかと思えば、DVだったり、

いやね、
本当に苦しかったんですよ。

いま思えば自分がアホみたいで(笑)

解消方法がもう自分でわかってるのでね、
すべての出来事が自分に引き寄せていたんですね。(引き寄せるって書くとスピリチュアル的に思われちゃってわかりにくいから、やめましょう。)

何度も言いますが、
周りで起きてる要素は、
自分の中にある要素なんです。

気づいて、
認めて、
向き合うと、
溶けて、
無くなります。

なので、
ほとんどの方は、
育児で私のように向き合わざるを得なくなるのですが、
別に子どもが問題なわけじゃなくて、
子どもが見せて知らせてくれてるサインなんですね。

すべて
自分の問題です。

自分の中にあるものと向き合うと、
問題が無くなります。

これ、
なぜか、
スピリチュアルですか?
と、質問されてくる方がいらっしゃいますが、
スピリチュアルでもなんでもないんです。

説明すると長くなるので、
今日は説明しませんが、
そんなことよりも、
向き合ったらわかります。

やればいいんです。

で、
なんだっけ、
脱線したな。

そう、
私の場合は、
そんなわけで、

周りでいろいろ起こったんです。
さらには、学ぶと学んで修正している最中なので、
これでもか
これでもか
というくらにい
さらなる出来事も起こります。

苦しいです。
自分と向き合うことに疲れます。
わたし…
こんなにやばい人間だったのか…
神様…お仕置きがすぎるよぉ…
つらいよぉ…

と、なります(笑)

周りに投影していた自分を直視し、
自分の中にある要素を見つけると、
心に蓋して蓋して蓋して何層にもなってきたものが、玉ねぎのように1枚1枚ゆっくりむかれていきます。

この作業、
痛いんです。

向き合いたくなくて、
うつになったり、
引きこもりになったり、

はたまた
向き合い方がわからなかったり、
美化したり、

でも、
人生は必ずストップするんですね、
強制ストップで、
ガンになったり、病気になったり、

私のようにニッチもサッチも行かなくなったり…

私の場合は簡単に言えば、
依存されることが多く起こり、
期待されたりとか…

周りが私に対して喪失するんですね。

だから、
ものすごいドラマが周りで繰り広げられてました。

ああ、私は依存されるの大嫌いなのになぁ、
またかぁ…
と、正直思いましたよ。

学生時代も、
友人「かおり、どこ行くの?」
私「トイレだよ」
友人「一緒行くー!」

私内心「えっ、なぜトイレについてくるの!?」

大人になってからも、職場から最寄りの駅までストーカーされる日々。

これ、
全部、子どもの頃の私の要素なんです。

母が私にすごく依存的でした。

初めて私に彼氏ができたと聞いたときも、母は泣いて部屋に閉じこもりました。

初めて私が独り立ちする日、母は門で泣き崩れました。

私が学生時代、友人宅に泊まると告げると、着信履歴が何十件にもなっていました。

書けばきりがないですが、
私が赤ちゃんの時から依存と同一化が激しかったのです。

それは、母だけの問題ではなく、
母や私たちを取り巻く環境のせいでもあったので、
母のせいではなく、
連鎖する家庭のせいでもあり、
誰のせいでもありません。

私は学ぶ前からの連鎖を止めたかった。
だから、早く独り立ちして、
早く大人になりたくて、
自分の子どもは要らないと思ってたんです。

どんなにわかっていても、
どんなに私が母から嫌な思いを受けていても、
私の中に
依存と同一化は強く根付いていて、
見ないように
蓋して蓋して蓋して…

もうわからないくらい何層にもなっていたので、
周りで気付かせるためにいろんな出来事が起こっていたんですね。

そして、
さらに、わたしは
【自分のせい】という癖も強かったので、

【お前のせいだー!】という出来事も同時に多発したんです。

7年間毎日向き合って、
心の中を修正して、
ワークワークの日々でした。

正確には、過去形ではなく、今もです。
33年間の癖は、7年なんかでは消えるわけがないんです。

もう、記事が長くなってきたので、
今回はこれくらいにしておきますが、

なので、うっすらお気付きかもしれませんが、

妊娠中の方、チャンスです!
胎児からワークしてください。

0歳児子育て中の方、チャンスです!
まだ生まれてきてたったの0歳です。
夜泣き、つらいかもしれませんが、今がワークするチャンスです。

子育て中の方!
チャンスです!まだまだ子どもです。

子ども自身が生きやすくなるので、
まずは、私にLINEしてみてください。

最後に、これを読んでるかもしれない、
私のお母さん。

ありがとう。
おかげさまで、天職につけました^_^

関連記事一覧