インナーチャイルド

セクシャリティ

0~7歳育児とセクシャリティの関係

セクシャリティ

先日、このタイトルについては何日かにわけてお伝えします言いましたが、
今回1回にまとめることにしました。

またの機会に色々分けてお伝えできたらとは考えています。

人は皆、インナーチャイルドを持っています。
そこには、
かまって欲しい、
大切にして欲しい、
必要とされたい、
淋しい・・・
という思いがあり、
セックスを通して満たされるのですが、
これは錯覚です。

これらは、
「断乳・卒乳・ミルク」
からも大きく関係し、

「母子分離からのケース」

「性別、男の子・女の子によるケース」

これらがあげられます。

断乳は、わりとすんなりやめる子が多いのですが、
あとで出てきた時に泣かせずに押さえてしまうと、それがセクシャリティに現れます。

ご馳走が目の前にあるのにいきなり持っていかれてしまう感覚です。
皆がもらえているのに、自分だけがもらえない感覚なのです。
渇望、口寂しい、、、そのようになります。

母子分離からは、ぬくもりの渇望が現れます。
繋がりや、セックスを求め、
そして、多数の女性・男性と付き合いたい
そんな願望がここから来ます。
ひとりでは満たされない・・・
そんな思いで、ものすごい渇望なのです。

そして、最後に性別の違い、男の子のケース、女の子のケースをお伝えします。

男の子は、、、
母親と繋がりたい、包まれたい、支配したい、
独占欲が現れます。

女の子は、
大切にされたい、必要とされたい、
かまって欲しい、
私だけを見て!
そんな感じです。
風俗で働く女性は、
男性を支配したいという思いと、自分を痛めつけたい思いが強いです。

セックス=「愛」
と勘違いし、パートナーからのセックスがないと女性の場合は、
女として価値が無いと思います。

男性は、断られると、拒絶された、繋がりを断たれた、とつらい思いになるのです。

良い悪いではなく、
この心の仕組みを知っていることで、
将来を考えた子育ての仕方を考えることができることでしょう。

関連記事一覧