未分類

身近な人を変える1番の方法

身近な人を変える1番の方法

それは、
自分が変わること。

これ、
1番効果的!

そもそも、
人に何か変わってほしいな〜とか、
変えてあげたいな〜とか、
はたまた、
あいつのせいでーーーっとか、
あいつさえいなければーーーっとか、
そんなふうな感情がある時は、
自分の中にカタチを変えて、
自分自身に思ってる感情なんです。

だから、
そんな時は自分と深く向き合うことが大事。

その時に、
自分はなんてダメなんだろう…とか、
自分を否定する感情がでてくるかもしれないけれど、
その感情は、
そっとその場に置いてそっとしといてあげてくださいね。

どんな感情もだめなものなんてないんだよー
と。

だめだだめだだめだ。
と、
自分の感情と向き合うのがつらいから、
人は皆、
他人のせいにしたり、
あいつさえいなければ!
という感情になるのです。

誰のせいでもない。
どんな感情も悪いものはありません。
私は、たくさんの喪失感ある出来事を堺に、
見える世界がガラッと変わりました。

きっかけは、
『この人を変えてあげたい』
という気持ちからです。

変えるためにはどーしてあげたらいいのだろう…
と、学ぶところからスタートし、
あの手この手で変えてあげようとしました。

が、
変わってくれませんでした。
(むしろ、悪化したかもしれません。)

そして、
学びを深めていくにつれて得たことがあります。

それは、
人は変えてあげることはできない。
ってことです。

どんなに本人が「変わりたい」「治したい」「良くなりたい」と言葉で言ってたとしても、

その生ぬるい口先だけの状況を本人があえて好んで選んでいる場合がほとんどです。(つまり、まだお母さんの子宮の中でぬくぬくしていたーい。ってことなんですが、これはまた別でお話します。)

それに気づいてから、私は私が楽しく過ごせて、HAPPYに歩める人とだけ付き合おう!

と、決めました。

すると、なにが起こったかと言うと、
稼げるようになり収入が上がり、
欲しいものがゲットできるようになり、
我慢することが減り、
悩むこともなくなり、
なによりも心から笑っている時間が増えました。

(ずっと目標は22歳までの自分に戻る、脳内お花畑になる。だったのですが、それを通り越して大好きな自分になれました。)
徐々に自分が変わることによって環境も自然と変わります。

付き合いたくない人と関わらなくてすむようになった。

一緒にいたい人とだけいられるようになった。

病児シッターしていた子の病態が良くなった。

飼い犬のしつけがラクになった。

本当に着たい服だけ着られるようになった。

そしてなにより、
自分の家族がさらに平和になりました。
これ、全部子育てに当てはまるんです。

私がこの子にしてあげないと。

私が教えてあげないと。

〜しなさい!

あなたのために言っているのよ!

それは全て『私』のエゴ。

親は忍耐勝負なところがあります。
黙って見守って、
時々ヒントを与える。

あとは、自分のことだけやってればいいんです。背中を見せることがなによりも大切。
余談ですが、
私自身、手取り足取り過保護に育てられて来たからよくわかりますし、育てられて来た側の苦労がわかります。

正直、自立するのに時間がかかりますし、大人になってからがすごく大変なんです。

まぁ、それが糧となり、フリーランスで働いて自由にお金を稼げるスキルを手に入れられたので、それはそれで感謝していますが。

世の中の子どもたちに、いつでも心から笑っていてほしい。そう強く願っているので、チャイルドセラピストとして伝えられることは伝えていきたいと思います。

関連記事一覧