未分類

見て見て見て

『見て見て見て』
大人になってから、
たくさんケガをする、
たくさんの女性と関係をもつ、
やたらと連絡を取りたがる、
ギャンブルにはまる、
お酒をザルのように飲む、
一方的な性行為ばかりを求める、

そんな方はわりと居て、
実はそんな男性に悩む女性も多いものです。

『見て見て見て』

特に親しい人に出てしまうんですね。
奥さんや彼女、
お母さんなどの甘えられる人に。

抑圧してきた子どもの頃からの想いが沸々と湧き出てくるのです。

これには、
胎児の頃からや、
子どもの頃からの言葉かけやタッチセラピーがとても重要です。

胎児の頃には5分でもいいので
胎児とママがしっかり向き合う時間をとるといいですね。

また、マタニティー期は、
ママの強い抑圧されていた感情も出てきやすいです。

そんな時には、
その感情をしっかり味わって、
どんな感情にもダメなものはないんだ〜
と、そのままそこに置いといてあげてくださいね。

決して、
湧き出てきた感情を
ダメなものだ!
感じてはダメだ!
胎教に悪い!
などと抑え込まないこと。

感じて、
そこにそっと置いておいてあげてくださいね。

胎児には
「これはママの感情でね、あなたのものではないんだよ〜」
とお腹を撫でて伝えてあげればいいんです。

きっと
「ママ、わかったよ〜」
っと反応してくれますよ。

関連記事一覧