パパ向け記事

7歳でも時間を決めて自分を動かす

東京・新宿のチャイルドセラピスト・メンタルトレーナーの荒木かおりです。
新宿御苑工房に駐在しております。

さてさて、
グダグダしてる時間て測ったことありますか?

やったことなければ、一度やってみてください。

驚くほど無駄な時間を過ごしていることに気づきますよ(笑)

私は、ベビーシッターをしてきた経験や、周りの友人は社長業をしている人が多いのですが、その人たちの共通点は、やはり時間の使い方にあります。

まぁ、これ、本当に良く言うやつなのですが、“時間は有限”です。なので、限られた時間の中でしか人は動けないので、“いかに動く”かで自分の将来が決まってきます。

私がシッターしてた子たちは、わりと私立生が多かったのですが、時間の管理がものすごくしっかりしておりました。

タイマーを使ったり、時計を見ながら分刻みで動きます。余った時間が自由時間であり、余った時間がおやつたいむです。なので、余らせるために子どもたちは頑張っています。

子どもだけでなく、社長業している友人たちもそうです。“人間は甘える生き物”“人間は怠ける生き物”と、皆当たり前に知っているので、アナログな目覚し時計を常備している友人なんかもいます(笑)

まぁ、それくらい時間を区切って自分を動かすことって大事なんですよ。現在の自分が未来の自分をつくるので。

私はもともときっちり動くのが大好きで、時間を余らせるのが好きです。でも、良くない癖があって、決めたとおりにできなかった時に、「出来なかったぁ。。。」と、できなかったことをポイント稼ぎしてしまうのです。

これ、妊娠中に特に良くやってしまっていて、無意識に自分を責めていたので、妊娠中にかなり訓練しました。

◉できなかったポイントは貯金しない

◉できたポイントを貯金する

◉もしできなくて自分を責めてしまったら、お腹にいる赤ちゃんに「この気持ちはママのもので、あなたのものじゃないんだよ。あなたは何も関係ないからね。」と、きちんと声かけをする

これを徹底していました。
私の場合、無駄な時間はこの自分を責める時間。

ほんっっっと無駄(笑)
この癖さえなければどれだけ有意義な時間をつくれることか。

だいぶ妊娠中に訓練できましたが、まだまだなので、コツコツやっています。

時間を決めて自分を動かすことができると、稼げる子に繋がります。是非チャレンジしてくださいね!

関連記事一覧