子育て

抱き癖

抱き癖について

最近良く質問される内容から記事にしてみたいと思います。
『「抱き癖つけちゃダメよ!」とお姑さんから言われます。でも、実際のところどおなのでしょうか?』
この質問が最近多いです。

私も、先輩ベビーシッター(70歳くらいの方)から良く言われていました。
「赤ちゃんは泣くのが仕事!だから、抱っこして泣き止ませてばかりはダメよ!」
と。

昔の人は良く言う言葉です。
「抱き癖をつけるな!」とね。

そう、
確かに、
こんなに泣いてるのにかわいそうよ~
と、思ってしまいます。

“寄り添うことが必要な時”

“きっぱり「ノー!」と言わなければならない時”

それぞれあるのです。

赤ちゃんはですね、

“泣けばママがすぐ来てくれる”

“自分は偉いんだ!”

と思ってしまいます。

このようなことから、悪魔的チャイルドの芽がむくむくと育っていってしまいます。
(王様、女王様への第一歩!危険!!)

眠ってくれたな~
と思って、下に置いたら泣いてしまう。
そんな時は、色々なパターンがありますが、
“背中が凝ってつらい”
ということもあります。

そんな時には、ベビーマッサージが有効的です。
(ベビーマッサージも、お受けしてますので、ご連絡下さい☆)
意外とですね、我が子を抱っこ慣れしていると、
我が子の背中が凝っているかどうか、って気づかないんです。
私の場合は、色々なベビーちゃんのお背中を触らせて頂いてるので、
“あ、凝っているな~”
と、気づきやすいんですね。
一緒にお話しながらベビーマッサージして、リラックスしていきたいと思います。

他にも、寝たと思って下に置いたら無く子のパターンで、
“母子分離期間が長かった”
という場合もあります。

そんな時には、ピエタセラピーが効果的です。
(ピエタセラピーは、母と子の心をつなぐ大切なセラピー法です。
母と子の繋がりは、今後の全ての人間関係に現れるとても大事な期間です。
ピエタセラピーは、そんな大事な期間を癒すサポート役となれます。)

そして、それでも泣く場合、
10回に5回は抱っこしてください。
そして、あとの5回は、ちゃんと言葉で説明してください。
「ママ、今ね、ご飯支度をしているの。他にもやらなければならないことがあるのよ。
ずっとあなたを抱っこしていられないの。
おっぱいもあげてるし、
抱っこもしているでしょう?
だから、今はここでちゃんと寝ていましょうね~。」

そしてそのまま泣かせてあげてください。
そうすることで、徐々に、
“こうゆう手は使ってはいけないんだ。”
とわかってくるようになります。

関連記事一覧