インナーチャイルド

子どもに泣かれるとつらい

東京のチャイルドセラピスト 荒木かおりです。夫と運営する店舗・新宿御苑工房に駐在しております。

 

さっそくですが、

例えば、
よくあるケースなのですが、

パパやママが、子どもに泣かれると「泣かれるとつらい」「うるさい」とおっしゃいます。

これ、実はもっと具体的にどんな気持ちか詳しく聞いていくと、パパママ人それぞれ反応が違うことがわかるんです。

◉泣かれると責められてるように感じる

◉見て見て!かまってかまって!と、泣いてるように聞こえる

◉かわいそうになる

◉人からどう思われるか気になる

◉泣くのはだめなことだと思う

◉子どもを泣かせるのは母親失格だと思う

◉甘えてるように感じ腹が立つ

◉呼ばれてるように聞こえ罪悪感を感じる

などてす。

これらは実は親側のインナーチャイルドなんですね。

子どもからインナーチャイルドのボタンを押されると、一瞬でこれらの着ぐるみを着て、心にフィルターがかかった状態で子どもを見ます。

なので、子どもがなぜ泣いているのか、子どもの真の感情や気持ちを読み取れないんです。

そして、勘違いしたまま対応したり、

押さえつけたり、

おっぱいやおしゃぶりでフタをしたり、

怒りをぶつけたりします。

その結果、子ども側は、「僕、私のこと、やっぱり嫌いなんだ。自分のせいなんだ。自分はダメなんだ。」の勘違いをさらにさらに積んでしまうんです。

関連記事一覧