インナーチャイルド

上の子を愛せない

“上の子を愛せない”改善方法

この問題に悩まれているママはあなただけではありません。
大丈夫です。
解決方法はありますので、安心して下さい。

何人ものママに出会ってきて、
何人ものママからこの相談を受けました。
あからさまに上の子をいじめているママもいました。
この家庭の上の子は、中学在学中に家出し、いまだに帰ってはきていません。

下の子が生まれてから、上の子を愛せない。
下の子は無条件に愛せて、可愛いのに。
上の子は憎たらしくて憎たらしくて、触れるのもイヤ!
下の子には可愛い洋服を着せてあげたいけど、
上の子の服装は別にどうでもいい。

それでも両方とも自分の子。

こんな考えになってしまう自分に罪悪感でいっぱい。。。

これらはすべてインナーチャイルドなんです。
ママが幼い過去の自分を上の子に映し出してみています。
愛せないのは、上の子ではないのです。
愛せていないのは、幼い頃の自分自身なのです。

上の子に対して、どのような要素を愛せないですか?
紙とペンを用意して下さい。
そして、その愛せない要素を見つけるために書き出して下さい。

そこへ書き出された要素は、まだ愛せていない幼い自分の要素です。
その要素は、“否定する”のではなく×
“正しく変換する”のでもなく×
幼い自分自身にイメージで、「まだ好きになれないけど、ここにいていいよ」と、
胸に居場所をまぁるく作ってあげましょう◎

認めてもらい、受け入れてもらうことで、安心し悪さをしなくなります。
まずはここからスタートです。

関連記事一覧