子育て

本当の気持ち

あなたの本当の気持ち“言葉”にしなさい!

「相手のためを思って気持ちを口にしない」
そう勝手に解釈して、自分の本当の気持ちを相手に伝えない人が本当に多いです。

はたしてそれは本当に相手のためですか?
相手のためという自分のためではないでしょうか?

それが本当に本当に自分の本当の気持ちだったら問題ありません。

でも、それがもし、
“自分の感情を抑圧してまで表現した言葉”
でしたら、それは、あなたが相手をコントロールしようとしていることになります。
人は人をコントロールすることはできません。

自分の気持ちをコントロールして、
相手の気持ちをもコントロールしようとしていませんか?

幸せとは?

自分に嘘偽りなく過ごすことではないでしょうか?

自分の気持ちに嘘をつくと、必ず何かしらのかたちで跳ね返ってきます。

相手の幸せを願うのであれば、

まずは、自分で自分を幸せにしてあげることです。

自分で自分を大事にできないと、相手は幸せにはなりません。

なぜだかわかりますか?

人は、目の前にいる人が“幸せであること”が自分も幸せだと感じられるからです。

ですから、人は相手を幸せにするのではなく、
人は、自分を幸せにしてあげることが大前提なのです。
自分の幸せは自分が決めるものだからです。

パートナーシップや子育ては、
これが大前提にあります。

パートナーを幸せにしてあげたいと願うときは、
自分で自分を幸せにしてあげてください。
そうすれば、パートナーは必ず幸せになれます。

子どもの幸せを願うときは、
自分で自分を幸せにしてあげてください。
そうすれば、子どもは必ず幸せになれます。

簡単そうですか?
難しそうですか?

難しそう

そう思った人は、

まず、今日から「難しい」と言う言葉を禁句ワードに設定してください。

決して簡単ではないかもしれません。
でも、楽しそうじゃないですか?

はい、これ、結構楽しい幸せへの近道です♪

関連記事一覧