子ども向け

ママが不機嫌

ママが不機嫌な時は「鬼の着ぐるみを着ているだけよ」

ママが不機嫌だと、子どもは「自分のせいで不機嫌だ」と思い込みます。

私が悪いことをしてしまったんだ・・・
僕がお利口にしていなかったから怒っているんだ・・・
ママが口うるさいのは自分が出来が悪いから仕方ないことなんだ・・・

子どもはママの顔色を伺うのです。

でも、一方で、ママはどうでしょう?

パパとケンカして不機嫌な顔を子どもに見せてしまっていただけ。
生理痛で体調不良だっただけ。
仕事でのストレスを家庭に持ち込んでしまっただけ。

子どもは一切何も関係ない。
だけど、子どもに八つ当たりしてしまった。

子どもたちは、妄想の天才です。
子どもたちは、ママが大好きです。
子どもたちは、ママを笑顔にさせたい一心の天使です。

“勘違いの層”を
少しずつ溶かしてあげてください。

あなたのせいではないよ。
ちょっとママ今日嫌な事があったの。
○○ちゃんに当たってしまってごめんね。

~~【実例】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、5歳の女の子が、「うちのパパとママ、しょっちゅうケンカしてるんだよー!」
と言って来ました。
あらら、子どもの前でケンカしているのね。。。
と私は思い、
彼女のセラピーを行いました。

私:「Aちゃんはその時どう感じたかな?」

Aちゃん:「ん~?怖かった」

私:「パパとママの怒ってる顔見たら、怖いよね?」

Aちゃん:「うん」

私:「もしかして、Aちゃんは、自分のせいでケンカしてるって思ったの?」

Aちゃん:「(黙ってうなずく)」

私:「そっか・・・。でもね、Aちゃんのパパとママ、Aちゃんのせいでケンカしているんじゃないんだよ。」

Aちゃん:「そうなの?」

私:「そうだよ~。だって、Aちゃんはその後、パパとママに何か怒られたり、注意されたりしたかな?」

Aちゃん:「ううん。してないよ。」

私:「あのね、大人はね、“ケンカ”ってものをしちゃうのね。でも、いつもケンカしてるわけじゃないよね?
一緒に皆で公園で遊んだり、遊園地に行ったり、ニコニコ楽しく過ごしている時もあるよね?」

Aちゃん:「うん!この前も動物園に皆で行って、楽しかったよ!」

私:「そうだよね。ニコニコで笑顔いっぱいで、楽しい時もいっぱいあるよね?」
「そんな時もあれば、病気になってイタイイタイの時もあったり、悲しい時もあったり、時にはパパとママみたいに“ケンカ”しちゃう時もあるの。」
「でもね、どんなパパもママも全部本物なんだよ。だけど、笑顔でニコニコしていたいってパパもママも思ってるの。」
「ケンカをしている時はね、パパもママも鬼の着ぐるみを着ているの(絵を描いて見せる)」

Aちゃん:「鬼の着ぐるみー?笑」

私:「そう。鬼の着ぐるみ。本当はニコニコ笑顔でいつもいたいんだけど、“ケンカモード”にスイッチが入ると、
鬼の着ぐるみを着ちゃうの。だから、着ぐるみの中身はいつものニコニコ笑顔のパパとママなんだよ。」

Aちゃん:「そうなの!それなら怖くないね!」

私:「そうだよ。だから、ケンカをしている時は、Aちゃんのせいでも、パパのせいでも、ママのせいでも、
誰のせいでもないんだよ」

Aちゃん:「鬼の着ぐるみを脱いだら、本物のパパとママに戻る?」

私:「戻るよ。だから、いつも、パパとママはニコニコ笑顔の日が多いでしょ?」

Aちゃん:「うん!じゃあ、もう怖くない!」

Aちゃんは、この日から、パパとママがケンカしても、少し恐怖感が和らいだようです。

できれば、子どもの前では、夫婦ゲンカは避けたいところですが、
子どもの前で夫婦ゲンカをしてしまっても、罪悪感を感じる必要はありません。
ただ、見せてしまったからには、勘違いの層を重ねないよう、きちんと「あなたのせいでケンカしたのではないよ」
と言う事を、
「パパとママはあなたを愛しているのよ」
と言う事を、言葉でしっかりと伝えてあげてください。

本当の気持ちを伝えていくことで、子どもたちも勘違いの層を積まずに育つことができます。

関連記事一覧