インナーチャイルド

バーストラウマからの分離不安

ご相談で多いのが、
赤ちゃんの夜泣き についてです。

夜泣きは、ママも赤ちゃんもつらいですね。

私もベビーシッター時代、最初はつらかったです。

最初は、ママが居なくてさみしくて泣いているのかと思いました。

それもあるのですが、
実はそうじゃないんですね。

バーストラウマからの分離不安なんですね。否定的な、勘違いから夜泣きが出るパターンが多いです。

なので、言葉かけがまずはいちばん効果的です。これを何度も繰り返しましょう。

『出産時に母子別室で、なかなかママと会えなくて、嫌われたかと思ったのかな?』

『もう会えないと思って諦めちゃったかな?』

『病院の方針で、ママはからだを休ませるために、母子別室だったんだよ。』

『ひとりにされて不安だったよね?つらかったよね?』

ピンポーンだと、
う゛わ゛あ゛〜〜〜〜〜ん!!!!!
と大泣きすることでしょう。

私はシッターの時、目が、合わない子や、夜泣きをする子たちを癒やしてきました。

おかげさまで、自分の娘は、お腹の中にいる時から、この分離不安の準備ができていたので、

娘は夜泣きが生まれてから一度もありません。

でも、やはり分離不安的な出来事は少しはときどきあります。

でも、どこが問題なのかが明確なので、セラピー方法がわかるのです。

このように、分離不安は、誰にでもあります。人間なら誰でも。犬にだってあります。

マタニティー期から子育てをしているととても出産後の子育てがらくです。

幼児期よりも乳児期を癒やしていれば、イヤイヤ期が無くなります。

思春期よりもイヤイヤ期をしっかり出させてあげれば、思春期がらくです。

成人期よりも、思春期で癒やされていれば、ひきこもらなくなります。

気になることがあれば、LINEくださいね。予算を気にされる方もいますが、まずはLINEを送る一歩が大切です。

予算の相談には必ず応じています。それよりも、気にせずに連絡してみてください。

まずはそこからスタートです(*^^*)

 

関連記事一覧